今朝の産経新聞 単刀直言 三原じゅん子さん

今朝の産経新聞の朝刊に興味深い記事がありました。

自民党参議院議員 三原じゅん子さんが単刀直言のコーナーで、

少子化対策がなぜ保育だけなの?】

の疑問を呈している記事です。

つまり、現在の政府や世間全般が待機児童解消対策ばかりに力を入れている。

待機児童解消には4兆円をかけているが、結婚対策、結婚する人がそもそも

減っている現状を何とかする対策が少ないと訴えています。

結婚対策の予算はたった40億円だそうです。

確かに待機児童が解消する環境が、子供をより産もうとすることに繋がりますが

まず、結婚する人が増えないことには・・・。との意見です。

わたしも同感です。

世の結婚相談所の社員、カウンセラーは皆、同感だと思います。

【婚活】と言う言葉がともすると軽く受け止められている。婚活することが恥ずかしいような風潮にある。

私たち結婚相談所に通うのは。隠れて通うから、

事務所は目立たないほうがいい。

昔はお節介おばちゃんが地域にはたくさんいました。

社会の根幹を構成する家族を増やさなければ、労働力は増えず、

国力は低下していきます。

まったく同感です。と同時に私たちの使命は大事だと

想いを新たにしました。

 

銀座・築地・日本橋の結婚相談所相談所 ブライダルサロン銀座KATSUKI

公式ホームページ https://ginza-katsuki.jp(公開準備中)